代謝スイッチをオン! 簡単朝食

眠っているときと起きているときでは、代謝の量がまったく違います。朝、目覚めるとともに体温が上昇して、体を活動モードに導きます。この切り替えをスムーズにするのが「朝食」です。

食事をすると、それだけで熱が生まれ、代謝がアップします。温かい飲み物とタンパク質、炭水化物、野菜や果物、この四つを押さえた朝食をしっかり食べて、代謝をアップさせましょう!下に献立の一例を載せておきます。参考にしてください。

~油揚げと小松菜の卵とじ丼~【材料】2人分
油揚げ1/2枚 卵2個 小松菜1/3束 ご飯2人分  
煮汁(だし汁3/4カップ みりん大さじ1 しょうゆ小さじ2)

【作り方】
1. 油揚げをざるに入れて熱湯を回しかけ、油抜きをする。縦半分にきり、幅5mmにきる。小松菜は長さ4cmにきる。卵はボールに溶きほぐしておく。
2. 鍋に煮汁の材料を入れ中火にかけ、煮立ったら、油揚げと小松菜を加える。再び煮立ったら弱火にし、2~3分煮る。
3. 溶き卵を全体に流しいれ、蓋をして卵が半熟状になるまで30秒ほど煮る。
4. 茶碗にご飯を盛り、3を等分にのせる。

油揚げとほうれん草の卵とじ丼
※写真は油揚げとほうれん草の卵とじ丼です(笑)

~わかめと貝割れのお吸い物~【材料】2人分
カットわかめ 大さじ1/2 貝割れ少々 白いりごま少々 だし汁1と1/2カップ 醤油少々

【作り方】
1. 貝割れは長さ2cmにきる
2. 鍋にだし汁を入れて中火にかけ、煮立ったら、わかめを加える
3. 再び煮立ったら弱火にし、1分ほど煮て火を止め、貝割れを加える
4. しょうゆで味を調え、器に盛ってゴマをふる

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主要来院エリア
新潟市中央区・北区・東区・江南区・西区・南区・西蒲区・秋葉区

連絡先 お問合せフォーム